For Better Writing in Japanese

日本語ライティング評価の支援ツール開発:「人間」と「機械」による評価の統合的活用


2018年度公開

日本語ライティングのオンライン自動評価システム,GoodWriting Raterにようこそ!

GoodWriting Raterは,教師支援を目的としています。使用に当たっては,本サイトの「目的と使い方」「自動評価について」「利用規約」をご覧くださるようお願いいたします。

本システムは,「日本語ライティング評価の支援ツール開発:「人間」と「機械」による評価の統合的活用」,科学研究費補助金 基盤研究B研究課題番号: 26284074 (代表:田中真理)の助成を受けて作成されました。

「人間による評価」を担当したのは,阿部 新(東京外国語大学),宇佐美 洋(東京大学大学院),影山 陽子(日本女子体育大学),佐々木 藍子(国立国語研究所),田中 真理(名古屋外国語大学),坪根 由香里(大阪観光大学)です。

「機械による評価」を担当したのは,スィリハッタサック スカーン(首都大学東京),長谷部 陽一郎(同志社大学),小町 守(首都大学東京)です。

(2018年9月)

News

Author Archives: Tsuboneyukari

2019年8月29日(木)~31日(土),ベオグラード大学(セルビア)で開催される第23回AJEヨーロッパ日本語教育シンポジウムにおいて,ポスター発表をいたします。詳細は以下をご参照ください。

日時:  8月30日(金) 11:00~12:30

会場:Univerzitet u Beogradu ベオグラード大学(セルビア)

発表内容:ポスター発表

「ナラティブ型ライティングの評価のための探索的研究―構成要素に注目をして―」

“Exploratory research on the evaluation of narrative type writing Focusing on constituent elements”

発表者:影山陽子

参照サイト:https://www.eaje.eu/ja/symposium/46

2019年8月6日(火),7日(水)にビクトリア大学で開催されるCAJLE(Canadian Association for Japanese Language Education: カナダ日本語教育振興会)において,口頭発表(ラウンドテーブル)をいたします。詳細は以下をご参照ください。

日時:8月7日(水)9:40~10:45

会場:ビクトリア大学(カナダ・ブリティッシュ・コロンビア州ビクトリア市) Room 3

発表内容:ラウンドテーブル

「人間と機械の「協働」による ライティング・フィードバック」

発表者:田中真理・坪根由香里

参照サイト:https://www.cajle.info/programs/cajle2019/